2022/07/24

川が増水して,アユが釣れています。

 三段峡漁協の管轄内の川は,水が増水しています。

川の水が増水すると,柴木川ダム方面から水位が下がり,川の水がきれいになります。

本流は,まだ少し濁りがあり増水していますので,この週末は,柴木川ダム下流から明神橋付近上流までがアユ釣りの人気場所になっていました。


しかし・・・。

だれも釣りに行かない本流は,濁りが少し取れれば・・・増水していてもアユが釣れます!

夕方,こっそりと1人でアユ釣りに行こうとしていると・・・子供が行く事になりました!?



そこで,今回は・・・。

「増水していても,釣り堀気分で子供がアユ釣りを出来る場所?」のご案内です。



ここは,安芸太田町の役場前の川です。

役場前は,無料の広い駐車場があり,トイレも自動販売機もあります。

近くには食堂などもありますので,ここを中心にアユ釣りを始めてみるのが,お勧めです!

特に,子供の場合は,サンダルを履いて,バケツを持って行けば・・・アユ釣りが出来ます。

すこし,慣れてきたら・・・。

ここの上流付近がアユ釣りの人気場所になっていますので,挑戦してみて下さい!


子供がアユを釣り始めると・・・。



良いサイズのアユが釣れていました。


子供にアユ釣り道具を奪われて・・・座って,ぼけぇ~と眺めていると・・・。




子供に熱い視線を送るおじいちゃんが立っていました!?

よく見ると・・・三段峡漁協の組合長さんでした。

組合長さんから,アユ釣りの熱血指導を受けるのも,面白そうなので・・・。

子供に助け舟を出してやりませんでした!?



組合長さんと,1時間ほどアユ釣りをしていた子供は・・・。



6匹のアユを釣っていました。


家に帰ると・・・。



やっぱり・・・。

子供は自分で七輪を出して,焼いて食べていました。



子供がアユを釣っているのを眺めていた感想なのですが・・・。

解禁後,大きめのサイズのアユは,早い者勝ちで釣られてしまい,小さなアユばかりが釣れる状態になっていました。

しかし,先日の大雨で川が増水して,また,良いサイズのアユが釣れています。

ただ,今回も良いサイズのアユは早い者勝ちだと思います。

つぎの週末は・・・早めに釣り場所に入られる事をお勧めします。

2022/07/22

めざせ!尺アマゴ!!

 夕方になると,子供たちが・・・。

「サツキマスを釣りに行ってくる!」と,近所の川へ出かけています。


サツキマスには,届きませんが・・・。



良いサイズのアマゴを4匹ほど,釣って帰ってきました。


「アマゴは,30センチより大きくなると,尺アマゴと呼ばれる凄いアマゴになるよ!」

と,話をした為・・・。

子供たちは,「尺アマゴ」を目指しています。

しかし,子供たちが「大きい!」と思ったアマゴも,実際にサイズをはかると・・・。

20センチオーバーでした。

まだまだ,「尺」には・・・とどきません。

今シーズンは,「尺アマゴ」に出会う事が出来るでしょうか?


2022/07/21

子供たちは,田吹川にアマゴを釣りに行きました。

小学校が夏休みになった子供たちは・・・。

「釣り堀で,ヤマメを釣って食べたい!!」と,言うので・・・。

釣り堀気分でアマゴが釣れる?「田吹川でのアマゴ釣り」を提案してみました。

(釣り堀だと,お金がかかりますから・・・。)


「田吹川」は,川のほとりに道が続き,大変釣りやすい場所です。

その為,渓流釣りの解禁日から多くの釣り人が来られて・・・アマゴは釣りきられて居なくなります。

しかし,上流部分では自然繁殖しているらしく,アユ釣りが解禁になると釣り人が来なくなるので,雨で増水するたびに,ピカピカのアマゴに出会う事が出来ます!

これから,8月31日まで,どこの支流に入っても,雨で増水するたびに,アマゴ釣りが楽しめます!



半信半疑で出かけた子供たちは,田吹川で釣り始めると・・・。







おもしろいようにアマゴが釣れます!

しかし・・・。

アマゴが泳いでいるのは見えるのですが,まわりの藪が多く,ピンポイントで仕掛けを振り込む事が出来ません!?

約2時間で7匹のアマゴを釣って楽しかったみたいですが,たくさんアマゴが居るのに仕掛けが思い通りに振り込めないのが,くやしかったみたいです。


家に帰ると・・・。







自分たちで,さばいて,焼いて,食べていました。

子供たちは,田吹川で「無料の釣り堀気分!」を楽しんでいました。

2022/06/26

三段峡漁協もアユ釣りが解禁になりました。

三段峡漁協も,アユ釣りが解禁になりました。

子供たちが昼頃から,のんびりと「はじめてのアユ釣り」に出かけました。



 

「アユ釣り」をするには,「あゆ遊漁券」の購入が必要です。

三段峡漁協では,子供がアユ釣りをする場合でも,大人と同じ扱いになっています。

今回,自分の分と,子供2人分の「あゆ遊漁券」を準備しました。

そして・・・。

「子供でも,アユ釣りが出来るのか?」を検証する目的もあります。



小学校の高学年には,「8mの鮎竿」を使用してみました。

結果は・・・おもしろいように釣っていました!

種アユに「ハナカン」を付けるのも,数回見せていたら,「自分でやってみる」と言って,するっと出来ていました!?

「洗面器にアユを入れて,ハナカン訓練?」は,必要がありませんでした。



そして,小学校の低学年の方ですが・・・。



この「アユ釣りの道具」は,何かが変なのですが,分かりますか?

すべて,「渓流用の道具」です。

「5.4mの渓流竿」に「渓流ダモ」です。

仕掛けも,渓流用に,アユのハナカンを付けています。


鮎竿は,「重い」「長い」「高価格」です。

これが,渓流竿で出来れば・・・めっちゃ安上がりにアユ釣りが出来ます!

これを,試してみたかったのです。


結果は・・・。




思ったより大きなアユが,おもしろいように釣れていました!?

子供は大喜びで・・・アユが釣れる度に,2匹のアユが空中をグルグル回っているのを,渓流ダモを持ってグルグル回っていました!?


子供が,お茶を飲んで休憩中に,すこし貸りて試してみると・・・。

竿の短さは意外と気にならず,片手でおとりアユを操作出来る感覚が,ものすごく軽くて柔らかいので驚きました!?

おとりアユの動きが,非常に繊細に伝わる感覚に・・・。

「今までのアユ釣りって,何だったのだろう?」と,感じてしまうほどでした。

そして,釣れた時の感覚がはっきりと手元に伝わり,アユの引きが楽しめて,意外とスーと引き抜けます!?

これ・・・おもしろいじゃん!?

今シーズンは,「渓流竿でのアユ釣り」を楽しんでみようと思います!


「渓流竿でのアユ釣り」が,思いのほか面白かったので,目的を忘れていましたが・・・。

「子供でも,アユ釣りは出来ますし,楽しめます!」



そして,家に帰った子供たちは・・・。




はじめて釣ったアユを,七輪で焼いて食べていました。

感想を聞いてみると・・・。

「アユは,美味しいよ!」

「でも,簡単に釣れすぎると思う。」と,言っていました。

「午前中に釣っていた人は,50匹くらい釣っていたよ」と,教えると驚いていましたけど!?



追加のアユ釣り情報


三段峡漁協のアユ釣りの解禁日は,渇水状態で川の水位は低かったのですが,はじめてアユ釣りに挑戦した子供たちは,1時間程度で約10匹のアユが釣れました。

種アユよりも,すこし大きなアユばかりが釣れて楽しめました!


しかし,後から話を聞いてみると・・・。

午前中は,あまり釣れなくて,気温が上がった午後からが釣れはじめたようです。

釣果も,10~20匹程度で,小さなアユばかりが釣れた方が多かったみたいです。

場所と時間帯によって,かなり釣果に差があったようです。


翌日,川を眺めてみると・・・。

アユ釣りをしている人は,だれも居ませんでした!?

基本的に三段峡漁協の管轄内は,解禁日には地元の方がアユ釣りをされるのですが,その後は,週末に数人の方がアユ釣りをされるくらいで,平日はだれもいません。

小さな渓流にアユが放流されているので,アユの密度は濃いです。

アユを釣るには,意外と穴場だと思いますが・・・「場所」で釣果に差が出ます。

種アユの販売場所が,三段峡漁協だけですので・・・。

「今,アユが釣れている場所は,どこ?」

と,種アユの購入時に,漁協の組合長に聞いてみる事をお勧めします。


また,「はじめてのアユ釣りに挑戦してみたい!」方も・・・。

事前に電話をしてから三段峡漁協に遊びに行くと,漁協の組合長がお勧めポイントで,最初の1匹を釣らせてくれると思います。

子供たちは,はじめての天然ウナギを食べてみましたが・・・。(ウナギの蒲焼)

 川にいるのが「オオサンショウウオ」ばかりで,「ウナギ」が釣れない為,ウナギ漁に出かけるのを諦めかけている子供たち・・・。

子供たちの,ヤル気を引き出す為?に,おじいちゃんが釣ってきた「ウナギ」を食べてみる事にしました。

(おじいちゃんは,ウナギ漁に行くたびに,釣れています!?)





ウナギをさばいて,子供たちが焼きやすいように「串」をさして・・・。



七輪に「マツボックリ」を拾ってきて・・・マッチで着火!



子供たちに「炭の火起こし」を任せたら・・・夜になってしまい,真っ暗です!?




子供たちは,大喜びで,はじめての「ウナギの蒲焼」を作りました!


「うわぁ~!めっちゃおいしそう!!」

子供たちは,ご飯の上にのせて食べ始めました。


「・・・。」

「・・・。」

「味は,おいしいんだけど・・・なんか?ゴムみたい!?」

「小骨が多いし・・・皮が固い。」

「・・・いらない。」


「はじめてのウナギの蒲焼」は,不評でした。

素人が焼いた天然ウナギは,ただでさえ美味しくないのに,子供たちに任せて焼き加減を気にしていなかったのが・・・大失敗。

僕も食べてみましたが・・・まだ,焼けてない感じで美味しくありませんでした。


子供たちに感想を聞いたら・・・。

「地獄」だそうです!?


ウナギ漁は・・・次回は,未定です!?



追伸。

子供たちの「天然ウナギの蒲焼」のイメージが最悪になってしまいましたので・・・。

後日,もう一度,ウナギをさばいて,僕が蒲焼を作って子供たちの晩御飯に出しました。

嫌々,食べてみる子供たち・・・。

「・・・うまい!」

ペロッと食べてくれました!


前回の失敗は,「炭火の火力」が問題だったようです。

しっかりと炭をいこして,さばいたウナギを身からのせると,ジュゥ~と,油が滴り火力が上がります。

それで,身がふっくらと柔らかくなり,皮もパリッと焼けます。

タレをつける前に,しっかりと焼いておくと,おいしく焼くことが出来ました。


もっと,ウナギが食べたくなった子供たちは,またウナギ漁に出かけるそうです。

(僕は,「秘伝のタレ作り」に,挑戦したいと思います)